ルノースポールシリーズでのエルフ

ルノースポールシリーズでのエルフ

elf_banner01

2016年:ルノースポールトロフィーを主催するルノースポールテクノロジーズとともに歩むエルフのプレゼンス

エルフは、ルノースポールテクノロジーズ(RST)と10年間に及ぶ提携により、すべての技術、スポーツ、商業レベルで非常に緊密な関係を築いています。

ルノースポールテクノロジーズは、シングルシートのための最も効率的なプログラムを開発した後、新たにハッチバック車両を提供することを目指しています。ルノースポールトロフィーは、クリオカップイベントとWEC、DTM、日本のSUPER GTなどのプロチャンピオンシップの間に位置し、ジェントルマンドライバーやトップドライバーのための登竜門です。 2015シーズンは、FIA世界耐久選手権(WEC)の規則に従って分類された20の「Pro-Am」チームに開放されます。ワールドシリーズ・バイ・ルノーのレースでは、競技者は、ルノー・スポール・トロフィーと呼ばれる本物のフォーミュラカーの選手権に参加することで、その時間を最大限に有意義に使用することができます。走行時間は、週末の3日間にかけて、車両とドライバーごとに4時間以上に及ぶと推定されます。

この国際的なレースの開発は、ルノーとエルフブランドのモータースポーツ分野における長年の専門知識の壮大なショーケースです。伝統的なサーキットで開催され、そのイベントのダイバシティ、クオリティ、会場などとてもユニークです。

ルノースポールR.S.01。素晴らしいスタイリングと抜群のパフォーマンスをもつレーシングカー

コンセプトカーにインスパイアされたデザイン、ダウンフォースの絶対的な追求によって支配された空力的フォルム、ルノースポールR.S.01の技術仕様は、ルノースポールの専門知識を最大限に反映しています。カーボンモノコックシャーシの採用により重量1,100kg未満、500馬力以上のエンジンを開発し、300km以上の最高速度に達することができます。

エルフはルノースポールのテクニカルパートナーであり、このすばらしい車両のパフォーマンスに貢献しています。

 

elf_banner03