F1において45年以上にも及ぶプレゼンス

F1において45年以上にも及ぶプレゼンス

信頼のブランド、エルフ

エルフの物語は1939年までさかのぼります。当初はフランス政府の所有会社でありましたが、1994年に個人所有会社に移管されました。2000年トタル社と合併し、現在、世界第5位の石油会社であり、潤滑油のエキスパートです。

F1において45年以上にも及ぶプレゼンス

F1マトラチームと共に初めてエルフがモータスポーツ界で頭角をあらわす

1968

F1マトラチームと共に初めてエルフがモータスポーツ界で頭角をあらわす

エルフとルノーがF1にターボエンジンを導入

1977

エルフとルノーがF1にターボエンジンを導入

ルノーチームとエルフは、ターボエンジンで15勝以上を挙げる

1977-1985

ルノーチームとエルフは、ターボエンジンで15勝以上を挙げる

ルノーとエルフが新型V10 3.5L自然吸気エンジンを搭載しF1に参戦

1989

ルノーとエルフが新型V10 3.5L自然吸気エンジンを搭載しF1に参戦

フェルナンド・アロンソと共にドライバーズ及びチームチャンピオンシップを獲得

2005-2006

フェルナンド・アロンソと共にドライバーズ及びチームチャンピオンシップを獲得

ルノーエンジンとエルフのテクノロジーが再び:9回のF1チームチャンピオンシップを獲得

2010

ルノーエンジンとエルフのテクノロジーが再び:9回のF1チームチャンピオンシップを獲得