モータースポーツ界におけるエルフの歴史

モータースポーツ界におけるエルフの歴史

エルフは、1967年から、レース、モータースポーツに情熱を傾けてフルスロットルで取り組んできました。モトGPやその他のレーシングチームとのパートナーシップのおかげで、エルフは世界的な名声を獲得しています。

テーラーメードの潤滑油により、エルフと関係するレーシングチームは、研究所で開発された最新技術を用いた革新製品の恩恵を受けています。

高いレベルのコンペティションの特定要件に対応するため、トタル添加剤・特殊燃料部門(Total Additives and Special Fuels)のエンジニアと専門家のチームは、最高の性能を実現するための潤滑油を開発しました。エルフの競争力に優れた製品は、モータースポーツの世界の基準となっています。

フランスのソレイズ研究センターとトタル・ルブリカンツのプロダクションエンジニアチームとのパートナーシップにより、トタル添加剤・特殊燃料部門(Total Additives and Special Fuels)は様々なELF HTXシリーズ製品を開発して世界中で販売しています。

エンジン性能の向上を目標に、研究と開発によって勝利への道を開いています!

モータースポーツ:優れた製品を目指して

コンペティションには、勝利を導くためにひとつひとつの要素が関係します。エンジン、タイヤ、シャーシのみならず、潤滑油などのエンジンの機能に欠かせない重要なコンポーネントすべてを深く研究することが必要です。

長年にわたり、トタルはテーラーメードの潤滑油を作るためにフランス大手レースチームとパートナーシップを構築しています。

専用製品は極秘でフォーミュレーション(処方)されます!

エンジニアは結集して、違いを生み出す革新的技術ソリューションを常に追い求めています。このように、トタルは常に潤滑油のさらなる改善を目指し、技術をリードする関連自動車メーカーをサポートしています。