二輪車のエンジンオイルの交換方法は?

二輪車のエンジンオイルの交換方法は?

Get Adobe Flash player

 

エンジンオイルは、二輪車のスムーズな走行を維持し、部品の加熱および摩擦による磨耗を防ぎ、そしてエンジンを清浄して腐食から保護するという重要な役割を担っています。オイルは時間と共に劣化し、これは性能に影響を与えます。

二輪車用エンジンオイルの交換には、次のものが必要です。

  • エンジンに対して完全に適合したオイル-正しいグレードおよび分量のオイル。エンジンに対して最適な性能を確保するため、エルフオイルをご使用ください。
  • 製品を使用する前に、必ず車両のサービスマニュアルを確認する必要があります。オイル交換は、二輪車メーカーの推奨事項に従って行ってください。
  • 安全メガネやゴム手袋等の安全装具
  • 高品質オイルフィルター - サービスマニュアルを参照
  • オイルドレインボルト用ソケットスパナ
  • オイルフィルター交換用特殊スパナ
  • 使用済みエンジンオイルを回収するための容器と漏斗
  • 新聞紙(またはペーパータオル)とぼろ切れ
  • Oリング(必要に応じて)

二輪車用エンジンオイル交換のステップ:

  • 二輪車の準備
    エンジンオイルの粘度を柔らかくし簡単に抜けるようにするために、1~2分間二輪車のエンジンをかけたままにすることをお奨めします。二輪車が平らで水平な場所に置かれ、スタンドが確実にかかっていること、エンジンが切られていることを確認します。
  • エンジンオイルの交換
    ドレインボルトが見つかったら(サービスマニュアルを参照)、新聞紙またはペーパータオルを敷いて地面を保護します。ボルトの下に容器を置きます。トレイは、排出するオイルをすべて収容できる大きさであることを確認します。ソケットスパナを使ってドレインボルトを取り外します。熱くなっている場合があるので、手で触れないようにしましょう。
    ボルトを無くさないように気を付けます。数分間そのままにして使用済みオイルを抜きます。エンジン内のオイルが空になったら、注意してドレインボルトとシールを清掃します。
    シールが磨耗している場合は新しいものと交換し、ドレインボルトを正しく取り付け直します。
  • 使用済みオイルフィルターの取り外し
    二輪車メーカーのサービスマニュアルを参照してオイルフィルターの場所を確認します。取り付ける新しいフィルターは古いものと同じ品番であることを確認します(いくつかのタイプがあります)。
    フィルターの種類によって適切な工具を選択する必要があります。フィルターにはオイルが付着している可能性が高いので、残っているオイルを受けられるようにトレイを用意しておきます。その後、フィルタースパナを使ってオイルフィルターを取り外します。引き抜いた後で元通りにできるよう各部品がどのように適合するかを覚えておくようにしましょう。
  • 新しいフィルターの取り付け
    新しいフィルターを取り付ける前に、エンジン側のフィルターがフィットする場所を綺麗にします。その後、漏れのリスクを減らすために新しいシールに指で少量のオイルを塗ります。新しいフィルターを締め付けます。その際、締め付け過ぎないように注意しましょう。
  • エンジンに新しいオイルを注入
    エンジンにオイルを注入する前に、サービスマニュアルを参照して適正量およびオイルの種類を確認します。エルフオイルを選択後、漏斗を使ってゲージまたは窓に示された最大レベルまでエンジンに注入します。最大レベルまで注入できたらボルトを元に戻し、部品が残っていないことを確認します。
  • オイルレベルの確認
    エンジンを5分間アイドリングさせます。エンジンを切って再度オイルレベルを確認し、必要に応じて補充します。
  • 使用済みオイルを適切な場所に廃棄
    どのような場合でも、トレイ内の使用済みオイルを下水に流したり、周囲に投棄したりしてはいけません。
    使用済みオイルおよびフィルターは、二輪車ディーラー、整備工場、ガソリンスタンド等に廃棄を依頼しましょう。