エンジンオイルのチェック方法は?

Get Adobe Flash player

エンジンオイルのレベルをチェックすることは、機械的な損傷を回避するために最も重要です。 - 短期または中期的に実行することにより愛車のエンジンを守ります。

愛車のオイルレベルを確認する方法

始める前に:

  • 自動車メーカーのサービスマニュアルは、どの種類のオイルを使用すればよいかというだけでなく、エンジンのオイル量をどのタイミングでチェックすれば良いかを教えてくれます。
  • 注意!エンジンオイルを継ぎ足す必要がある場合、サービスマニュアルに記載の推奨オイルを使用することが重要です。
  • オイルゲージは、エンジンのどこにあるかサービスマニュアルに記載されています。
  • オイルがオイルパンに溜まるようエンジンを切ってから最低でも2分間おきましょう。
  • 正確にチェックするために安定した水平な場所で作業を行いましょう。
  • 布やペーパータオルを用意しましょう。

オイルレベルの確認方法:

  • エンジンボンネットを開け、エンジンオイルゲージまたはディップスティックを見つけます。(通常、リングやフックは目立つ色をしています。)
  • このフックを引き、ゲージ全体を引き出します。そのあと布で拭いて戻します。
  • もう一度ゲージを引き出し、オイルが残した跡がどこにあるかを見てください。これがエンジンのオイルレベルです。オイルレベルがMinimum(最小レベル)とMaximum(最大レベル)の間であるか確認するため2つの線やマークが表示されています。
  • エンジンのオイルレベルはMinimum(最小レベル)とMaximum(最大レベル)のラインの間でなければなりません。
  • Maximum(最大レベル)以上のオイルを入れてはいけません。ガスケット、シールを損傷する恐れがあります。

同様に、エンジンの磨耗を防止し常に最適な潤滑を確保するため、エンジンの摩耗を回避するように同様に、レベルがMinimum(最小レベル)ラインより下にあってはなりません。

  • もしレベルがMinimum(最小レベル)ラインより下回っている場合は、すぐにオイルを補充する必要があります。
  • レベルがMinimum(最小レベル)ラインに近い場合、(必須ではありませんが)補充することをお奨めします。

オイルの補充が必要な場合、愛車のエンジンに適した製品を確認するには、自動車メーカーのサービスマニュアルもしくはウェブサイトを参照してください。