ATFのチェック方法は?

ATFのチェック方法は?

Get Adobe Flash player

 

車両のオートマチックトランスミッションシステムは、その寿命を延ばすために定期的にメンテナンスを行う必要があります。オートマチックトランスミッションフルードは、ギアが熱的に安定していること、適切にフルードが注入さていることを確実にします。

ギアが適切に作動するには、トランスミッションフルードのレベルや状態、フィルターの状態を確認します。

メンテナンス要件はモデルによって異なります。

したがって、作業を行う前に車両のサービスマニュアルを参照してください。

オートマチックトランスミッションフルードはいつ交換するべきですか?

原則として、オートマチックトランスミッションフルードは25,000~50,000キロメートル毎(または2年毎)に交換するべきです。

この間隔を守ることは重要です。そうしない場合、トランスミッションシステムが損傷する可能性があります。

始める前に:

  • サービスマニュアルを参照し、ギアボックスに必要なトランスミッションフルードはどれであるか、どの程度の頻度で交換するべきかを確認します。
  • マニュアルには注入キャップの位置も記載されています。
  • 布またはペーパータオルを用意します。

オートマチックトランスミッションフルードレベルの確認方法

  • マニュアルトランスミッションギアボックスと同じ。

オートマチックトランスミッションフルードの補給

  • マニュアルトランスミッションギアボックスと同じ。